年賀状甲子園・四国/中国予選作品一覧

年賀状甲子園2019年・年賀状甲子園予選 > 四国/中国ブロック
北海道/東北東北/関東関東A関東B中部
中部/近畿近畿近畿/四国|四国/中国|九州

立正大学淞南高等学校



今は離れて住んでいますが再来年からは祖母の住む都市の大学に進学したいと考えています。元気な私の様子を知らせたいと思い華やかな年賀状にしました。朝日で明るい年のはじまりを表現しました。
どこにでもある道の様ですが歴史のある道です。2人にとっても大切な道です。この道が変わり2人の手がしわしわになっても変わらない存在でありたいというメッセージを込めました。 自分が意識して書いたポイントは、安田選手の優しさと力強さです。優しさは安田選手の笑顔で、力強さは動きのあるフォームで表現してみました。イノシシと安田選手を同じ方向に向けて勢いのある作品にしました。

広島県立湯来南高等学校

太古の一歩とわたしたちの一歩。どちらも、未来に向かっての大きな一歩というイメージです。良いスタートが切れるように願いを込めて… 身近なもので表現したくて、肯定の意思を使いました。牧アートは、高校のマスコットキャラクター、チョウザメの“ちょうすけ”をデザインしたものです。高校のある町内に作りました。 笑顔で頑張ってほしいという気持ちを込めました。Go for it!ガンバレ!

広島県立庄原実業高等学校

友達に渡す年賀状を想定して描きました。文字と絵を重ね合わせることを工夫しました。

学校の友達に渡す年賀状を想定して作成しました。私の高校は農業高校なので,身近に生きている,生の動物の写真にこだわって撮影しました。
千葉ロッテマリーンズの安田選手の勢いを筆のタッチで表現しました。勝利をぜひその手に、がんばって下さい!!!

広島県立総合技術高等学校



明るくて、ハッピーな気持ちになれるように多くの色を使って世界観を表現しました。いつも笑顔にしてくれる仲の良い友人に宛てた年賀状です。
友達に宛てた年賀状です。食材の鮮やかさや文字の色を使って縁起が良い感じにしました。貰った友達も自然と笑顔になってくれると思います。にんじんを花形にしたり見た目も工夫をしました。 自分の描いた年賀状が安田選手に届けられることはとても貴重な経験だと思いました。描くにあたり安田選手について調べさせて頂いた所、誕生日が同じで親近感がわきました。広島から応援しています!

明徳義塾高等学校



今年から大学生でひとり暮らしを始めた兄に向けて描きました。今年の干支であった戌からタスキをもらい走り出す亥は、新しい生活をスタートした兄を表しています。この一年を駆け抜ける姿を応援しています。
私が毎日母に作っているお弁当を、単身赴任中の父にも食べてもらいたいという思いを込めました。思わず笑顔になるような、ほっこりするような年賀状にしあげました。背景は正月らしい梅の柄にしました。

安田尚憲選手の真っ直ぐに相手を見つめる眼差しと、そのかっこいい姿を描きました。ロッテマリーンズのチームカラーを使って応援の気持ちを込めました。不動心を心に、飛躍の年にしてください。

福岡大学附属若葉高等学校

アピールポイントはstartという題に沿って一目標に向かって走る姿を描きました。またまっすぐな線は走っている様子を分かりやすくするよう工夫しました。

アピールポイントはテーマのスマイルに沿って、人の写真を使うのではなく、あえて動物の写真を使うことで、和やかな雰囲気を出すことに努めました。縁を入れることで、柔らかい雰囲気を出すことができました。
その私達とさして変わらない若さで、プロ野球選手になったのがすごいと思います。まさに革命だと思います。とてもすごいです。これは後世の野球史にも残っていくことでしょう…。Let's Revolution!