年賀状甲子園・写真部門MVPノミネート作品一覧

年賀状甲子園2019年・年賀状甲子園予選 > 写真部門MVPノミネート作品
ベスト8作品ベスト16作品イラスト部門MVP作品|写真部門MVP作品|ルーキー応援MVP作品

写真部門MVP作品



●五所川原第一高等学校

年賀状を手にした友人が、思わず笑顔になるよう、可愛く温かいデザインにしました。ポイントは、嬉しそうに口元を隠そうとする猪の両手です。色とりどりの花や身近な物を使って、柔らかい雰囲気にしました。

審査員のコメント

●色々な物を使っての工夫と、その結果の雰囲気がいいですね。表情がなんとも言えない笑顔でいいです。(いのもと)

●愛らしい表情がよく表現されています。使用素材の使い方で温かみはバツグンですね。(しみず)

●とても可愛いイノシシができましたね!工夫したという両手の爪も、とても可愛いです。(竹本)

●写真1枚で全てを表現した作品で、「写真部門」として高く評価したいです。この表現方法をよく思いつきましたね。なかなか感心させられました。生地の質感やモチーフの配置でイノシシということも分かるし、満面の笑顔がとても良いです。(宮部)
●学校法人石川高等学校
この年賀状は故郷から離れて生活している姉や友人に宛てたものです。背景、着物、袴、髪飾り(猪を除く)は全て地元の美しい景色を使っています。毎月元気に笑顔で暮らせていると伝わってくれれば良いと思います。


●千葉県立一宮商業高等学校
お正月といえば初日の出。赤い朝日が魅力的だと思います。2019年も笑顔いっぱいの良い年になるように、2019という大きなキャンバスに素敵な日の出が描けるといいなと思いました。


●神奈川県立松陽高等学校
親友に向けて、より笑顔で明るい1年になりますようにという願いをこめて制作しました。三匹の仲良し子ウリが雪遊びをしているところです。暖かみのある雰囲気を表現した1枚にしました。
●三浦学苑高等学校
来年私と友達は受験シーズンに入ります。辛いことや苦しいことがあっても笑顔でいてほしいという気持ちで友達に送ります。前に並んでいるのは私と友達で、また会えたら遊んで一緒に笑いたいという思いを込めました。


●長野県松本深志高等学校
高校になって離れてしまった中学の友人に、イノシシ年もいい年になって欲しいという思いを、メッセージに込めて描きました。
●静岡県立科学技術高等学校
祖母に宛てた年賀状で、明るく鮮やかな和柄を使い、おめでたいことを表しました。笑ったいのししの切り絵をして、それに和柄を入れました。


●静岡北高等学校
初日の出の写真を合成させ、たくさんの笑顔の写真をコラージュしてまとめました。一言メッセージに「今年も顔晴ろぉ!」とのせました。頑張るの文字を顔晴るにして、smileを表現しました。親しい人達へ笑顔を届けたい!


●岐阜県立郡上高等学校
親戚宛ての年賀状で、新しい年が始まり新しい生活が始まる。そんな瞬間にピッタリ!赤を基調としためでたい1枚。こんな年賀状をもらった人にも幸せな1年になりますように。


●愛知県立豊明高等学校
母が働いている保育所に来ているイケメン男児にモデルになってもらいました。普段会えない親戚や友達へ元気な自分を伝え、また新年を笑顔で迎えられるようにという思いを込めて作りました。


●三重県立名張青峰高等学校
これは従兄弟に向けて送るものです。今は祖母の家に行っても従兄弟はいないことが多くてなかなか会う機会がありません。そこで、いつでも笑顔で、会える日を待っているよという気持ちをこめて描きました。


●大阪府立吹田東高等学校
友人に向けての年賀状です。イノシシを丸く作り、見た瞬間思わず笑顔になれるようにしました。また、笑顔のだるまに「福」と「幸」の文字を書き、これからの一年が幸せのあふれる年になるように願いを込めました。


●大阪府立旭高等学校
遠方に住んでいる祖父母に向けて作りました。あまり会えていないので、この年賀状で笑顔と福を届けられるようにと、干支の福笑いを美術部の仲間で実際にやってみて、写真を撮りました。


●大阪府立北摂つばさ高等学校
しっかり者の、頼れる先輩へ。「おまえら、クセ強いわっ!」と言って、笑ってくれたらいいなという意気込みで作りました。卒業まであと少し。もっと一緒に笑い合いたいです!いつもの鋭い『ツッコミ』待ってます!!
●明徳義塾高等学校
私が毎日母に作っているお弁当を、単身赴任中の父にも食べてもらいたいという思いを込めました。思わず笑顔になるような、ほっこりするような年賀状にしあげました。背景は正月らしい梅の柄にしました。


●鹿児島県立喜界高等学校
小麦粘土でおせちをつくりました。お世話になっている方に、新年から楽しい気分になってほしくて、カラフルで楽しい感じにしました。折り紙のイノシシたちも、おせちを食べて思わず笑顔になっています。